口内炎は何が原因?

口の中にできる炎症の総称になっているのが、口内炎といわれるものとなっていますが、口内炎の原因というのはいくつもあります。

 

口内炎の原因として多いのは、口の中を歯などで傷つけてしまったり、病気の治療やアレルギー反応、ストレス、公庫内が不潔な状態になっている、胃腸が弱っているといったものがあります。

 

特に、この中で、食べ物を食べている時に、頬の内側を噛んでしまったという人は多いのではないでしょうか?また、食べ物を食べるだけではなく、硬いものを食べて、食べ物によって傷ついてしまったり、歯ブラシのブラシ部分で傷つけてしまうという人も多いです。この傷つけた部分から雑菌が入り込んで、内部で繁殖をして、口内炎になるというケースが一番多くなっています。

 

この他にも、入れ歯や歯のかみ合わせが悪くなってしまっていることで、口内炎になってしまうという場合もあります。

 

口というのは体の中に入るための入り口になっています。そのため、胃腸が弱ってしまうと、その影響で口の粘膜にも悪影響を及ぼしてしまうということもあるのです。

 

また、病気やストレスなどによって、免疫力が低下してしまったり、ビタミンなどの栄養分が足りていない場合も、雑菌が繁殖してしまいやすく、口内炎に発展してしまうケースも少なくありません。

 

口腔内というのは、常に数百にも及ぶ種類の雑菌が常駐しているのだそうです。通常であれば、歯磨きや唾液などによって、雑菌は繁殖しにくくなっているのですが、口の中が乾燥してしまったり、あまり歯磨きをしていなかった場合、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまい、口内炎になってしまうこともあります。

 

そして、カンジダ性口内炎やウイルス性口内炎の場合、カビやウイルスに感染してしまったことによって、口内炎になります。また、手足口病や血液疾患が原因になってしまって、口内炎になってしまうケースもありますし、喫煙をしている人の場合は、ニコチンによって口内炎になるということもあるのです。