骨粗鬆症にはいわしがいい

いわしというのは実は種類があり、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシになります。ただ、一般にいわしに関してはマイワシになります。そして、このマイワシというのは100g中に70mgものカルシウムを含有しています。そしてタンパク質、さらにビタミンDも豊富に含有されているのでカルシウムの吸収率も高めます。

 

さらに、いわしに含有されている、カルシウムとマグネシウムの割合というのは理想的であり、カルシウムを効率よく摂取したいのであればいわしの摂取というのは非常にオススメです。ちなみにより高い補給を望んでいる場合に関しては骨ごと食べるのがいいでしょう。

 

そして、このいわしにはIPAやDHAも豊富に含有されておりますので非常に健康にもいい成分になります。それぞれどういった働きがあるのかというとIPAは血液を固めるのを防ぐので血行改善にいいですし、動脈硬化や心筋梗塞予防になります。そしてDHAは脳の機能を活性化して記憶力や学習能力を向上させて癌などを防ぐ働きもあります。

 

さらに脳の中の神経伝達物質を作るチロシン、新陳代謝を活発にして老化を防ぐ拡散も重要な栄養素であり、いわしに含有される核酸というのは癌抑制遺伝子を活性化させ癌をなくす働きがありますので癌予防に非常に作用する成分となります。

 

また、核酸が含まれる食事にはビタミンAやビタミンB郡、ビタミンEも豊富に含有されており、それによって多くの生活習慣病を防いで健康維持の効果を期待することが可能になります。