血糖値が低いと現れる病気

血糖値が正常範囲内より低くなり、それにより様々な症状が現れることを低血糖と言います。血糖値の正常値の範囲は70〜120mgdlとされていますが、食事を採る時間や性別、年齢や妊娠の有無などによって病気ではない人でもイライラ感を伴う程度に血糖値が下がる場合があります。なので、実際に血糖値がこの基準値以下は病的な低血糖であるという明確な基準はありません。

 

低血糖の外因的な原因は、インスリンや経口血糖降下薬などの糖尿病治療薬によるもの、特に空腹時のアルコール摂取によるもの、抗不整脈薬などの薬の副作用などがあります。

 

また、内因性の原因として、胃切除の後のダンピング症候群や胃下垂の人、またインスリンに対して感受性の高い人に起こりやすい反応性低血糖がありますが、食事のとり方を工夫することである程度コントロールすることができます。

 

治療が必要な内因性の原因として、インスリノーマ(膵臓β細胞の腫瘍性増殖)や平滑筋肉腫、肝がんなどの腫瘍によるもの、インスリン自己免疫症候群などがあります。インスリン自己免疫症候群とは、インスリン注射治療をしたことがないのに自発性低血糖を起こすことを言い、血液中に大量のヒトインスリンとこのインスリンの90%以上と結合した抗体が存在する疾患を言います。

 

一般的に低血糖の症状は、自律神経症状と中枢神経症状とに分けられます。自律神経症状は血糖値が急激に下がるときに現れ、空腹、発汗、震え、不安、動悸、口唇乾燥などの症状が見られます。

 

これは主にインスリン拮抗ホルモンの働きによります。インスリン拮抗ホルモンとは、低血糖になると分泌量が増えるホルモンで、アドレナリン、グルカゴン、コルチゾール、成長ホルモンなどがあります。

 

中枢神経症状は血糖値が緩やかに下がるときに現れ、意識の混乱、異常行動、注意力散漫、ねむっけ、発語困難、頭痛、複視、けいれん、こん睡などの症状が見られます。

 

その他に無自覚性低血糖があり、これは低血糖症状を発症しないが、他人の介助を必要とするものを呼びます。低血糖をしばしば起こしていると、中枢神経や自律神経の症状を起こす限界値が低下してしまい、インスリン拮抗ホルモンの反応も低下してしまうために起こると言われています。