酵素ダイエットがもたらす健康への影響

腸内に宿便と言われる便があると、その便を栄養に悪玉菌が増殖します。この悪玉菌が増殖すると有害な毒素を放出します。この毒素は血液に乗り、肺にまで行ったり、皮膚から体外に出ていったりします。これが口臭と体臭の原因になります。

 

酵素は、宿便を体外に出す効果や、腸内環境を正常化する効果があるので、口臭や体臭を防ぐことができるのです。

 

胃や腸の働き過ぎを抑制してくれる

 

胃や腸などの消化器官は1日に7リットルの消化液を出して、食べ物を消化したり、食べ物を吸収したりしています。この消化と吸収にはたくさんのエネルギーが必要です。

 

過食をしたり、加熱食品を多く食べていたり、肉類や脂肪が多い食べ物を食べていたりする生活を繰り返していると、胃や腸が働き過ぎの状態になり、酵素を必要以上に使ってしまいます。それによって、消化器官の機能が衰えてしまいます。

 

そこで、酵素を摂取すると、体内にもとからある酵素を補ってくれるので、消化や吸収に酵素を使っても酵素が余り、胃や腸の働きをサポートしてくれるため、胃や腸の働き過ぎを抑制できます。これにより、胃や腸の負担を少なくすることにつながります。また、胃や腸が正常な機能を取り戻すと新陳代謝も良くなります。

 

疲れにくい体にして、病気にかかりにくくしてくれる

 

酵素を摂取すると代謝が良くなります。それにより、免疫力が向上し、疲れにくい体質にしてくれます。代謝が上がることによって、病気にかかりにくくなり、健康な体を維持できるようになるのです。

 

血液をサラサラに

 

酵素は、血液の流れを良くしてくれる効果があります。いわゆるサラサラ血液というものです。血液がサラサラになると、血管に負荷がかかるのを防いでくれたり、血管に関係する病気の予防に効果があったりします。