住所変更に伴う運転免許証に関する手続きについて

引越しが決まったら、引越し前に運転免許の手続きをしておかなくていはいけません。早めにしておいたほうが、後々大きな面倒を起こさずに済みます。

 

身分証明にもなるので、引越しの手続き等様々な場面で非常に役に立ちますが、運転免許証に書かれた住所が以前のものである場合は、身分証明書として機能しない場合があるので、早めに手続きをしたほうが得策です。

 

運転免許証に書かれた住所を変更する場合は、引越し先の警察署に向かいます。管轄外の警察署では手続きできないので、引越しがどの警察署の管轄に入るのか調べて、手続きに向かいましょう。いちおう、運転免許センターでも手続きは可能です。

 

必要な書類は現在使用している運転免許証と、住民票、証明写真です。証明写真については持参しなくても、警察署内にスピード写真機が置いてある場合が多いので、用意しなくでも大丈夫です。

 

転居していることが確認できる書類が必要になる場合もあるので、ガス、水道など公共料金の通知や、納税通知などを持っていくと手続きがスムーズに進みます。

 

費用に関しては住所変更自体に手数料はかかりません。引越し先の住所は運転免許証の裏側にとりあえず記載されている形になり、免許更新の際に改めて新しい住所の運転免許証が交付されます。それまでは今使っているものを使用します。